Blog

歯のトラブルと治療

By 投稿日時: 2022-11-03

歯が痛くなったときは、歯科医院に飛び込みますが、痛みを取り除いてほしい気持ちが優先して、どのような治療が施されているかを説明されても、冷静に理解することは難しいかもしれません。

しかしながら、抜かなくてもよい神経を抜かれたり、不十分に治療がされて、治療したはずの歯が、しばらくしてまたトラブルを起こすということもあるようですので、気を付けなければなりません。

患者は専門家ではありませんので、治療の進め方は医師にお任せするしかありませんが、少なくとも自分の歯がどのような状況にあるのか、これからどんな治療が進められるのかを確認させてもらうことも大切です。

近頃では技術も進み、自分の歯の状態をいろいろな角度から画像で見せてくれる歯科もあり、疑問に思ったことを歯科医にすぐに聞きやすい環境にもなっているようです。

一生使うことができるかもしれない大切な歯のことですので、納得したうえで治療を受けることが大事かもしれません。

続きを読む

Blog

インプラントと歯周病

By 投稿日時: 2022-10-03

皆さんは「インプラント」も歯周病になることをご存知てらっしゃいますか。歯周病は、天然の歯に限って起こることではありません。インプラントをされている方も、毎日のデンタルケアを怠ったり、定期的な歯科検診から逃げまわっていると、知らない間に歯周病が悪化してしまう可能性もあるのです。

インプラントの方の歯周病が悪化することは、天然の歯と同じように人工の歯を支えている骨が、歯周病菌によって溶け出してしまい、最悪のケースにおいては、せっかく苦労して入れたインプラントが抜け落ちてしまうことなども考えられます。

毎日のデンタルケアや定期検診は、人によっては面倒だと考える方もいらっしゃるでしょう。ですが怠ってしまうことによって失う口内環境の健康への代償は大きいものとなりかねません。定期的なメンテナンスを行うことが口内環境を守る術であることは忘れないでいただいたい事柄です。

続きを読む

Blog

インプラントとは

By 投稿日時: 2022-09-03

インプラントという言葉を聞いたことあるけれど、具体的にどういうものがわからないという方はたくさんいます。この文章では、インプラントとはなにか解説していきます。

インプラントは人工歯根と言われています。インプラント体を顎に埋め込み、その上にセラミックなどでできている人工歯を装着することで、天然の歯が持っていた噛むという機能を取り戻すというものです。

入れ歯よりも噛み心地がよく、見た目も天然の歯と遜色ないため、優れているといわれているインプラントですが、インプラントには天然歯が持っている機能がありません。

天然歯には歯根膜という膜があり、ものを噛んだとき、その衝撃を吸収するという役割を果たしていますが、インプラントには歯根膜が無いため、衝撃を吸収してくれません。

また、歯根膜には血液が通っているため、もし歯周病菌などによって炎症が起きたとしても、白血球などが防御してくれるため、それなりに悪化を防いでくれます。

しかし、インプラントには血液が通っておらず、白血球がないため、インプラント周囲炎が起きやすいです。

また、天然歯は実は細菌が簡単には入って来れないような構造になっているのですが、インプラントは入って来やすい構造になっています。
このようなインプラントには、歯科医院による定期的なメンテナンスが欠かせません。

続きを読む

Blog

歯の黒ずみを無くす方法

By 投稿日時: 2022-08-03

誰か黒ずんでしまって悩んでいるという方はたくさんいます。そのような方向けに、この文章では、歯の黒ずみをなくす方法を解説していきます。
黒ずみの原因はいくつかありますが、まず挙げられるものは、着色によるものです。タバコのタールには、着色の元となるような物質が含まれています。また、ワインにも着色の元が含まれており、それが結果として黒ずみを起こすことがあります。特に、前歯に黒ずみが生じてしまった場合、非常に目立つため、素早く歯科医院にてクリーニングを行い、白くするべきです。
また、他の黒ずみの原因として、歯周病にかかってしまった場合、歯が黒ずんで見えることがあります。歯周病の患者の方は、歯垢に血液が混じり、それが歯にこびりつくことで、黒く見えることがあります。このような場合、歯科医院に行ってクリーニングを受けたあと、歯周病の治療に取り掛かることが重要です。
さらに、これは当然のことですが、虫歯によって歯が黒く見えることがあります。虫歯だと思った場合はすぐに歯科医院にて治療してもらいましょう。

続きを読む

Blog

妊娠期の口腔内の特徴を知り対策をしよう

By 投稿日時: 2022-07-03

通常の口腔内とは異なり、妊娠期の口腔内はその時だけに見られる特徴があります。それに見合った対策をしっかりと行うことが大切です。妊娠期の口腔内の特徴としては、妊娠によって女性ホルモンが急激に増加するため、歯周病現世細菌が増殖しやすい状態になっています。血管の透過性も高まって唾液の粘性が高まっているので、自浄性も低下してしまうことでしょう。このようなことから歯肉の炎症、出血などが発生しやすい状態になります。つわりによって色の好みにも変化が起きたり歯磨きが難しくなるなど、口腔ケアが不足しがちになることでしょう。このようなことから、普段以上に気をつけて対策を行うことが重要です。つわりの際には出来る限り気分の良い時に歯を磨いて、磨けないときにはせめてうがいをするのが望ましいです。食の好みも変わりやすくなるため、できるだけ糖分の多い飲食物は避け、ダラダラと食べることはやめましょう。

続きを読む

Blog

根管治療をするときに必要となること

By 投稿日時: 2022-06-03

虫歯になると歯が痛くなることがありますが、基本的に歯に痛みがでるまで虫歯が進行している場合は、根管治療が必要となるケースが多いです。根管治療は虫歯の細菌によって痛んでいる神経を取り除いてから、根管内の汚染物質を取り除いて歯の神経の通り道に蓋をすることが該当してきます。根管治療は1回目の治療で成功することができないと、再発をすることになりますから、基本的に再根管治療を受けることになる筈です。
基本的に2回目以降のほうが難易度が上がっていきますから、最悪の場合は抜歯をすることになってしまいます。そのため信頼できる歯医者を利用しないといけませんが、信頼できる歯科クリニックの特徴は最新の設備や技術などを持っているところになるので、そのような場所を探すのが大切です。

続きを読む

Blog

海外と日本の歯磨き粉の違いと現状について

By 投稿日時: 2022-05-03

歯磨き粉の違いの海外と日本の違いは、成分内容の違いでした。近年では成分がかなり近くなってきており、認可の制限が拡大したことにより使える原材料が多くなってきたのです。
歯磨き粉や口腔環境のケアの先進国であるヨーロッパでは、昔からフッ素系の化合物を歯磨き粉に配合してきました。初期虫歯を改善して歯を強くする効果がありますので、歯の健康寿命を延ばす効果があります。その他にも殺菌成分や再石灰化を促す成分などの研究が盛んに行われており、臨床を経て製品化するスピードは海外の方が早いことが特徴です。
日本では研磨剤を使った歯磨き粉が主流で、泡立ってミント味がする物が通常のモデルでした。近年では研磨剤の有害性が指摘されており、また海外に送れてフッ素が認可されたので歯磨き粉の製品も変化してきております。

続きを読む

Blog

歯ブラシを使うときには歯磨き粉が必要なのか

By 投稿日時: 2022-04-03

歯磨き粉が苦手な人は少なくありません。けれども、何となく歯ブラシを使うときにはこれがないといけないという思いから使い続ける人も多いです。実際のところ、歯磨き粉は絶対に使用しなければならないものなのでしょうか。

結論を言いますと、これを必ずしも毎回使う必要はないと言えます。歯磨き粉がなかったとしても、正しい手順で丁寧に磨けばしっかりと汚れを落とすことが可能です。

そもそも、歯磨き粉は虫歯予防や歯周病予防の成分が含まれていたり、口臭や歯垢を防ぎやすくしてくれたりする効果があります。

これらの効果を得るためには日常的に用いたほうが良いですが、どうしても苦手であればときどき使用するという方法を選んでも問題ないと言えるでしょう。

続きを読む

Blog

子どもたちのむし歯予防

By 投稿日時: 2022-03-03

フッ素のむし歯予防効果は世界的にも数多くの研究結果として評価されているようなのです。フッ素の毒性に関しては、摂取量に問題があるケースなどになるようですので、適量をきちんと守る通常利用である場合は、問題なく使用できるとされているようです。

フッ素は、歯の表面のエナメル質を強化し、歯の再石灰化を促進し、口内の最近の活動を抑制する働きがあるとされているようなのです。デンタルフロスなどと併用することで、さらなるむし歯予防につながるようです。

幼児期の子どもたちの乳歯のむし歯は、次に生えてくる永久歯にも影響を与えるとされているようです。またむし歯が原因とされる子どもたちの偏食や口臭トラブルなども報告されているようなのです。

続きを読む

Blog

歯科の賢い利用方法

By 投稿日時: 2022-02-01

歯科には虫歯が出来た時、歯茎が痛む時など、痛みの症状が出て初めて通うという人が多いと思います。もちろんそれが一般的な歯科の利用方法ですが、口の中に問題がない段階でも通うことは充分有意義なので強くお勧めします。特に重要なのが歯石除去の処置になります。歯石は虫歯や歯槽膿漏の原因ともいえるべき存在であり、普段我々がおこなう歯磨きはこの歯石を取り除くのが主な目的になります。しかし普段の歯磨きだけではこの歯石を完全に除去するのは大変難しいので、歯磨きをしてるのに歯を悪くする人も少なくありません。普段から歯科に通い、歯石を除去してもらうことで、より虫歯の可能性を減らすことが可能になります。虫歯になってからでなく、未然に防ぐために歯科に通う。これが賢い歯科の利用方法ですから是非実践してみてください。

続きを読む